TOPICS

トビイカ(船凍)初水揚げ。(H29.3.9)

 国立研究開発法人水産研究・教育機構開発調査センターの調査の一環として、大中型イカ釣り船二隻がフィリピン東方沖公海の試験操業で漁獲したトビイカ1,262ケース、重量にして約10トンの水揚げ作業が八戸市第三魚市場C棟において行われました。

 水揚げが行われた経緯としては、国立研究開発法人水産研究・教育機構開発調査センターが新たな漁業資源の開発を目指し、以前からフィリピンの東方沖公海でトビイカの資源調査を進めていたもので、今回の試験操業は商業的な漁獲が可能かどうかを実際にイカ釣り船を用いて行われた調査であり、今月の24日には実際に販売も行われる予定となっています。

 トビイカは国内では沖縄を除き漁業資源としてはほとんど活用されておらず、スルメイカをはじめ不漁が続くイカ資源の新たな加工原料として期待されています。


第3回ご当地イカ料理コンテストを開催(H28.8.10)

最優秀賞の「泳ぐ!?イカのスープギョーザ」
最優秀賞の「泳ぐ!?イカのスープギョーザ」

平成28年8月10日(水)に、「第3回ご当地イカ料理コンテスト」を開催いたしました。

コンテストの詳細はコチラをご覧ください。

第3回オリジナルのイカ料理を募集(H28.5.23)

イカの水揚げ量日本一を誇る八戸市。

そんな日本一のイカ産地ならではのイカ料理を発掘しPRすることで、イカの生産振興及び消費拡大のほか、日本一のイカの産地としての知名度向上を図ることを目的として、昨年から引き続き「ご当地イカ料理コンテスト」を開催いたします。皆様からのたくさんのご応募を心よりお待ちしております

○募集内容

 次の要件を満たす料理のレシピとします。

 ①イカを使用した料理であること。(使用するイカの種類や部位、形  

  態(缶詰、加工品等)は問いません。また、主食やおかず等、料理 

  の種類は問いません。)

 ②他のコンテストへの応募、受賞経歴のない未発表の自作レシピ。

 

○募集期間

 平成28年7月11日(月)必着

 

○応募資格

 ①小学生以上とし、個人またはグループでの応募とします。(プロ、 

  アマチュアは問いません。)

 ②平成28年8月10日(水)に「八戸ポータルミュージアムはっち」

  で開催される最終審査に、料理を持参してお越しいただける方。

 ③応募いただいた料理のレシピや画像等を八戸市や飲食店等が無償使

  用することについて承諾いただける方。

 ④応募、最終審査に係る費用をご負担いただける方。

 

○審 査

 八戸市及び外部選考員による審査で入賞作品4点(最優秀賞1点、優秀賞1点及び優良賞2点)を決定します。

 ①一次審査:書類選考により、20作品程度を選出いたします。

 ②最終審査:試食審査により、入賞作品4点を決定します。

 

※最終審査については、『募集要項』をご確認ください。

 

○表彰内容

 ・最優秀賞 1点 賞状及び八戸共通商品券20,000円分

 ・優秀賞  1点 賞状及び八戸共通商品券10,000円分

 ・優良賞  2点 賞状及び八戸共通商品券5,000円分

 

○注意事項

 ①応募いただいたレシピ等の資料は返却いたしませんので、ご了承下

  さい。

 ②応募は1人1作品までとします。

 ③料理の画像は書類選考で使用いたしますので、応募の際は鮮明な画

  像をご提出ください。

 ④応募者の氏名、住所等の個人情報は、本応募に関連する用途に限っ

  て使用します。

 

○応募方法

 応募用紙に必要事項を記入のうえ、応募作品の写真または画像を添付し、募集期間内に、郵送もしくは電子メールにて応募、または直接ご持参ください。

応募用紙
応募用紙.docx
Microsoftワード文書 22.3 KB
募集要項
募集要項.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 121.5 KB

○応募・お問合せ

 〒031-0822青森県八戸市大字白銀町字三島下101 八戸市水産事務所

 TEL:0178-33-9111  FAX:0178-33-2117

   E-mail:suisan@city.hachinohe.aomori.jp 

 

第2回ご当地イカ料理コンテストを開催(H27.8.9)

最優秀賞の「いかぞうのすけ」
最優秀賞の「いかぞうのすけ」

平成27年8月9日(日)に、「第2回ご当地イカ料理コンテスト」を開催いたしました。

コンテストの詳細はコチラをご覧ください。

船凍アカイカ初水揚げ。(H27.7.24)

 第三魚市場B棟において北太平洋日付変更線周辺海域で漁獲された船凍アカイカの今期初水揚げがありました。

 本日は中型イカ釣漁船1隻が同海域で5月~7月に漁獲した、約110.1トンが販売され、入札の結果値段は耳とりで 4,580円~3,050円(1ケース/10㎏)。昨年の初水揚げの数量約92トンを上回り、今期は比較的好調な滑り出しとなりました。

 八戸港では今後、8月のお盆前頃まで、船凍アカイカ水揚げが行われます。

 今年は1月~3月の三陸沖でのアカイカ冬漁での水揚げが、同海域の資源状況が不安定であったこともあり、水揚げが実質皆無となっていたことから、今期の春夏漁での巻き返しを祈るばかりです。


船凍スルメイカ初水揚げ。(H27.7.6)

 第三魚市場B棟において日本海で漁獲された船凍スルメイカの今期初水揚げがありました。

 本日は中型イカ釣漁船が5月~6月に漁獲した、48.8トンが販売され、入札の結果値段は 3,100円~2,300円(1ケース/8㎏)。昨年の初水揚げの数量は88トンでしたので、今期の出だしはやや不調の模様です。

 八戸港では今後、7月から翌3月頃まで、日本海から太平洋へ漁場を変えながら水揚げが行われます。明日以降も水揚げをする予定となっていますので、これからの豊漁を祈るばかりです。 


第2回オリジナルのイカ料理を募集(H27.5.28)

イカの水揚げ量日本一を誇る八戸市。

そんな日本一のイカ産地ならではのイカ料理を発掘しPRすることで、イカの生産振興及び消費拡大のほか、日本一のイカの産地としての知名度向上を図ることを目的として、昨年から引き続き「ご当地イカ料理コンテスト」を開催いたします。皆様からのたくさんのご応募を心よりお待ちしております(募集は締め切りました)

○募集内容

 次の要件を満たす料理のレシピとします。

 ①イカを使用した料理であること。(使用するイカの種類や部位、形  

  態(缶詰、加工品等)は問いません。また、主食やおかず等、料理 

  の種類は問いません。)

 ②他のコンテストへの応募、受賞経歴のない未発表の自作レシピ。

 

○募集期間

 平成27年7月10日(金)必着

 

○応募資格

 ①小学生以上とし、個人またはグループでの応募とします。(プロ、 

  アマチュアは問いません。)

 ②平成27年8月9日(日)に「八戸ポータルミュージアムはっち」

  で開催される最終審査に、料理を持参してお越しいただける方。

 ③応募いただいた料理のレシピや画像等を八戸市や飲食店等が無償使

  用することについて承諾いただける方。

 ④応募、最終審査に係る費用をご負担いただける方。

 

○審 査

 八戸市及び外部選考員による審査で入賞作品4点(最優秀賞1点、優秀賞1点及び優良賞2点)を決定します。

 ①一次審査:書類選考により、20作品程度を選出いたします。

 ②最終審査:試食審査により、入賞作品4点を決定します。

 

※最終審査については、『募集要項』をご確認ください。

 

○表彰内容

 ・最優秀賞 1点 賞状及び八戸共通商品券20,000円分

 ・優秀賞  1点 賞状及び八戸共通商品券10,000円分

 ・優良賞  2点 賞状及び八戸共通商品券5,000円分

 

○注意事項

 ①応募いただいたレシピ等の資料は返却いたしませんので、ご了承下

  さい。

 ②応募は1人1作品までとします。

 ③料理の画像は書類選考で使用いたしますので、応募の際は鮮明な画

  像をご提出ください。

 ④応募者の氏名、住所等の個人情報は、本応募に関連する用途に限っ

  て使用します。

 

○応募方法

 応募用紙に必要事項を記入のうえ、応募作品の写真または画像を添付し、募集期間内に、郵送もしくは電子メールにて応募、または直接ご持参ください。

応募用紙
応募用紙.doc
Microsoftワード文書 22.4 KB
募集要領
募集要項.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 637.3 KB

○応募・お問合せ

 〒031-0822青森県八戸市大字白銀町字三島下101 八戸市水産事務所

 TEL:0178-33-9111  FAX:0178-33-2117

   E-mail:suisan@city.hachinohe.aomori.jp 

 

ご当地イカ料理コンテスト最終選考作品の商品化が決定(H26.10.16)

 8月10日に開催した『第1回ご当地イカ料理コンテスト』における最終選考作品の幾つかを、『八戸屋台村みろく横丁』で商品化していただけることが決定しました!!

 現在既に提供されておりまして、当面の間提供していただけるとのことです。

 是非この機会に八戸ならではのオリジナルイカ料理を食べてみてください!!

 

○提供店

 『八戸屋台村みろく横丁』(八戸市三日町10)

 ※みろく横丁のホームページはコチラ

 ※みろく横丁各店の提供メニュー及び価格は、下記添付ファイルをご

  覧ください。

メニュー一覧.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 151.4 KB

第1回ご当地イカ料理コンテストを開催(H26.8.10)

最優秀賞の「イカソーメン風冷製パスタ」
最優秀賞の「イカソーメン風冷製パスタ」

平成26年8月10日(日)に、「第1回ご当地イカ料理コンテスト」を開催いたしました。

コンテストの詳細はコチラをご覧ください。

オリジナルのイカ料理を募集(H26.6.11)

イカの水揚げ量日本一を誇る八戸市。

そんな日本一のイカ産地ならではのイカ料理を発掘しPRすることで、イカの生産振興及び消費拡大のほか、日本一のイカの産地としての知名度向上を図ることを目的してい、「ご当地イカ料理コンテスト」を開催いたします。皆様からのたくさんのご応募を心よりお待ちしております(募集は終了しました)

○募集内容

 次の要件を満たす料理のレシピとします。

 ①イカを使用した料理であること。(使用するイカの種類や部位、形  

  態(缶詰、加工品等)は問いません。また、主食やおかず等、料理 

  の種類は問いません。)

 ②他のコンテストへの応募、受賞経歴のない未発表の自作レシピ。

 

○募集期間

 平成26年7月11日(金)必着

 

○応募資格

 ①小学生以上とし、個人またはグループでの応募とします。(プロ、 

  アマチュアは問いません。)

 ②平成26年8月10日(日)に「八戸ポータルミュージアムはっち」

  で開催される最終審査に、料理を持参してお越しいただける方。

 ③応募いただいた料理のレシピや画像等を八戸市や飲食店等が無償使

  用することについて承諾いただける方。

 ④応募、最終審査に係る費用をご負担いただける方。

 

○審 査

 八戸市及び外部選考員による審査で入賞作品4点(最優秀賞1点、優秀賞1点及び優良賞2点)を決定します。

 ①一次審査:書類選考により、20作品程度を選出いたします。

 ②最終審査:試食審査により、入賞作品4点を決定します。

 

※最終審査については、『募集要項』をご確認ください。

 

○表彰内容

 ・最優秀賞 1点 賞状及び八戸共通商品券20,000円分

 ・優秀賞  1点 賞状及び八戸共通商品券10,000円分

 ・優良賞  2点 賞状及び八戸共通商品券5,000円分

 

○注意事項

 ①応募いただいたレシピ等の資料は返却いたしませんので、ご了承下

  さい。

 ②応募は1人1作品までとします。

 ③料理の画像は書類選考で使用いたしますので、応募の際は鮮明な画

  像をご提出ください。

 ④応募者の氏名、住所等の個人情報は、本応募に関連する用途に限っ

  て使用します。

 

○応募方法

 応募用紙に必要事項を記入のうえ、応募作品の写真または画像を添付し、募集期間内に、郵送もしくは電子メールにて応募、または直接ご持参ください。

応募用紙
応募用紙.docx
Microsoftワード文書 22.3 KB

○募集要領

募集要領
募集要領.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 312.9 KB

○応募・お問合せ

 〒031-0822青森県八戸市大字白銀町字三島下101 八戸市水産事務所

 TEL:0178-33-9111  FAX:0178-33-2117

   E-mail:suisan@city.hachinohe.aomori.jp 

 

 

「第5回 日本さかな検定」が八戸で開催されます。(H26.2.5)

 日本さかな検定(愛称:ととけん)は、全国各地の豊かな魚食文化や魚の知識、美味しい食べ方など、日本人の心身を育んできた魚食の魅力を検定を通じて再発見していただき、魚との旨い出会いを応援する取組みです。

 「第5回 日本さかな検定」は、八戸、仙台、東京、静岡、名古屋、大阪、高松、宮崎の全8会場で開催されますが、北東北での開催は今回の八戸会場が初めてとなります。

 是非この機会に、魚について楽しく学んでみませんか?

日本さかな検定公式ホームページはコチラ

【第5回 日本さかな検定 八戸会場 開催概要】

■日時 2014年6月8日(日) 13:00~14:00(3級・1級)

                15:00~16:00(2級)

■会場 八戸市水産会館を予定(八戸市大字白銀町字三島下101)

■申込方法 ・インターネット(クレジットもしくはコンビニ決済)

      ・郵便局からの申込(リーフレットの払込取扱票)

■申込締切 2014年5月7日(水)

■実施級 3級(初級)、2級(中級)⇒どなたでも受験可

     1級(上級)⇒日本さかな検定2級合格者

■受験料 3級 4,200円/2級 5,200円/1級 7,300円

     3級2級併願割引 8,400円/ペア割引(2名1組)5%割引

     団体割引(5名以上)5%割引

第5回 日本さかな検定 八戸会場 開催概要詳細
第5回日本さかな検定リリース.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 869.4 KB

第四回8月10日八戸イカの日イベントが開催されました。(H25.9.9)

 8月10日、八戸市水産科学館マリエントで『第四回 8月10日八戸イカの日イベント』が開催されました。

 このイベントは日本一の水揚げ量を誇る八戸のイカの普及促進を目的に、『イカの日』及び『八戸イカの日』が制定されたH22.8.10に開催されてから今回で四回目になります。

 イベント当日は30度を超える夏日となりましたが、多くの皆様にご参加いただき、楽しんでいただくことができました。

※イベントの詳細はコチラをご覧ください。

  

アメリカオオアカイカの解剖ショー
アメリカオオアカイカの解剖ショー
アカイカの墨を使ったイカ墨習字
アカイカの墨を使ったイカ墨習字

第四回 8月10日八戸イカの日イベント開催(H25.7.22)

夏休み自由研究応援企画!~アメリカオオアカイカの解剖ショー~

 アメリカオオアカイカは1メートルを超える大型のイカで、八戸漁港の水揚げを支える重要なイカです。

 アメリカオオアカイカの解剖が一般公開されるのは、市内でもおそらく今回が初の試みで、その生態などについて勉強できます。

 

『八戸屋台村みろく横丁』八戸イカの日応援企画!

 八戸屋台村みろく横丁全26店舗において、イカ料理をこの日限りの特別価格で食べることができます。

 

◆日 時 第1部 平成25年8月10日(土) 10:00~13:00

     第2部 平成25年8月10日(土) 18:00~各店閉店まで

 

◆場 所 第1部 八戸市水産科学館マリエント

     第2部 八戸屋台村みろく横丁

 

◆内 容 

  第1部10:00~ 

     ・かもめ幼稚園『イカ踊り』

     ・生スルメイカ抽選会(1ケースが10名様に当たります)

     10:45頃

     ・アメリカオオアカイカの解剖ショー

     12:00頃

     ・スルメイカの解剖体験

     ・イカ墨で絵を描こう!

     ・イカ焼きとイカ焼きそばのお振舞い(数量限定)

     ※スルメイカの解剖体験は親同伴での参加となります。

     ※お振舞いはなくなり次第終了となります。

 

  第2部18:00~

     ・八戸屋台村みろく横丁全店において、イカ刺し、イカ焼き

      などのイカ料理をこの日限りの特別価格にてご提供

 

 

ニュージーランドスルメイカ初水揚げ。(H25.5.9)

 第三魚市場でニュージーランドスルメイカの今期初水揚げがありました。その名の通り、ニュージーランド海域で漁獲されるスルメイカで、日本近海で獲れるスルメイカとは種類が違うらしいのですが、見た目では違いがあまり分かりません。

 本日は大型イカ釣漁船が1月~4月に漁獲した、226トンが販売され、入札の結果値段は 2,250円~1,260円(1ケース/8㎏)。昨年の初水揚げの数量は650トンでしたので、今期のニュージーランドスルメイカは不漁のようです。

 八戸港にはもう1隻大型イカ釣漁船が所属しており、こちらもニュージーランド海域での操業を終え、5月中にも水揚げをする予定となっていますので、これからの挽回を祈るばかりです。 

   大型イカ釣漁船「第88長功丸」
   大型イカ釣漁船「第88長功丸」
  凍結されたニュージーランドスルメイカ
  凍結されたニュージーランドスルメイカ

アカイカ、アメリカオオアカイカの不漁により、数量・金額ともに前年を下回る。(H25.1.22)

 平成24年の八戸漁港のイカの水揚量は44,573トン、金額は98億円となりました。

 冬期の三陸沖におけるアカイカの不漁や操業許可問題によるアメリカオオアカイカの不漁などが影響し、水揚量は前年比80%(H23:55,562トン)、金額も前年比77%(H23:128億円)と、数量・金額ともに前年度を下回りました。

 現在、三陸沖でのアカイカ漁の時期を迎えています。昨年は全くと言っていいほど獲れなかった三陸沖でのアカイカ漁ですが、今年は大漁になるといいですね!

  

平成24年イカ水揚量、金額内訳(単位:千円/トン)
魚  種 数  量  金  額
近海スルメイカ 20,343 

3,658,300

近海アカイカ ー 

215

近海ヤリイカ

257

108,153

近海その他イカ

2,539

遠海スルメイカ 73 

9,462

船凍スルメイカ 14,915 

3,953,798

船凍アカイカ 2,729 

906,899

ニュージーランドスルメイカ 1,608

360,537

アルゼンチンマツイカ 218 54,730
アメリカオオアカイカ 4,424

719,596

船凍その他イカ 2

 642

合計 44,573

9,774,871

第3回いかさば祭りが開催されます。(H24.11.27)

 12月1日(土)、2日(日)の二日間、八食センターにおいて『第3回いかさば祭り』が開催されます。いかさば関連商品の即売会が行われるほか、『いか・さば弁当グランプリ』では、市内有名飲食店渾身のお弁当が販売されます。

 今週末はぜひ『いかさば祭り』に足を運んでみてください!

※終了しました 

日 時:平成24年12月1日(土)、2日(日)9:00~17:00

※『イカ・サバ弁当グランプリ』は各日11:00からの販売となり、なくなり次第終了となります。

 

場 所:八食センター市場棟1階 催事ホール

 

内 容:①いかさば関連商品即売会

    ②いか・さば弁当グランプリ

    ※全9種類、各1,000円。各日各限定50個になります。

     この2日間のみの限定販売となります。

    ③さばだしせんべい汁のおふるまい(無料)

    ※各日11:00~、各日先着200名様。

 

第3回 8月10日八戸イカの日イベント開催されました。(H24.8.16)

 8月10日、はっちで第3回 8月10日八戸イカの日イベントが開催されました。

 このイベントは日本一の水揚げ量を誇る八戸のイカの普及促進を目的に、「イカの日」及び「八戸イカの日」が制定されたH22.8.10に開催されてから今回で3回目になります。

 イベント当日は雨模様で、「イカ焼き体験」の開催も危ぶまれましたが、予定していたイベントを全て行うことができ、約200名の方々に楽しんでいただくことができました。

※イベントの詳細はコチラをご覧ください。

  

八戸水産高校「八水大漁太鼓」
八戸水産高校「八水大漁太鼓」
かもめ幼稚園「イカの街はちのへ」
かもめ幼稚園「イカの街はちのへ」

第3回 8月10日八戸イカの日イベント(H24.7.30)

◆日 時:平成24年8月10日(金) 10:00~13:00

 

◆会 場:八戸ポータルミュージアムはっち 1階はっち広場

 ※イカ焼き体験及びイカの捌き方実演は「はっち番町スクウェア」で

  行います。

 ※12時以降のイベントは「みろく横丁 ととや烏賊煎」で行いま

  す。

 

◆参加費:全て無料

 

◆内 容:10:00~ ≪はっち広場≫

     ○青森県立八戸水産高校「八水大漁太鼓」

     ○かもめ幼稚園「イカ踊り」

     ○生スルメイカ抽選会(当選された方には新鮮なスルメイカ

      「昼イカ」を後日配達します。)

     

     11:00~ ≪はっち番町スクウェア≫

     ○居酒屋がんこおやじ「イカの捌き方実演」(プロの料理人

      がイカの捌き方を教えます!!無料で体験もできます。)

     ○イカ焼き体験(先着300名様無料。会場内で焼いて食べる

      ことができます。)

     

     12:00~ ≪みろく横丁 ととや烏賊煎≫

     ○活イカ釣り、活イカのお振る舞い(先着20名様無料。ご

      飯も付きます。)

 

◆主催等:主催 「イカの街はちのへ」連絡協議会

     共催 八戸市

     協賛 八戸いか釣漁業協議会、八戸みなと漁業協同組合

     

第三魚市場B棟増築分で船凍スルメイカ水揚げ(H24.7.26)

 26日、第三魚市場B棟増築分で、完成後、初の船凍スルメイカの水揚げがありました。

 B棟増築分は昨年の3月に完成予定でしたが、完成直前に東日本大震災による津波被害を受け、先月末に復旧工事が完了したばかりの新しい魚市場です。

 これまでの魚市場は屋根だけで壁がないため、水揚げされた水産物が鳥や埃、排気ガスなどに汚染される可能性がありましたが、B棟増築分は屋根、壁で囲まれた閉鎖型の魚市場であるため、水産物を汚染要因から防護し、水産物を衛生的に出荷することができます。

 第三魚市場の残りの部分についても順次閉鎖型の魚市場になるとのことです。

 今後は「安全・安心な八戸のイカ」として全国にPRされていくことと思います。

完成した第三魚市場B棟増築分
完成した第三魚市場B棟増築分
船凍スルメイカの水揚げの様子
船凍スルメイカの水揚げの様子

アカイカ、今漁期初水揚げ(H24.7.13)

 12日、第三魚市場でアカイカの初水揚げがありました。

 水揚げしたのは中型イカ釣船。5月下旬に出港し、約2ヶ月間、北太平洋でアカイカ漁を行い、帰港しました。

 アカイカはスルメイカに似た形をしていますが、スルメイカよりもやや大きく、また、色に特徴があり、紫色をしていることから『ムラサキイカ』とも呼ばれています。お刺身などで食べることはほとんどなく、イカ天やイカステーキ、さきいかなどの加工原料として利用されています。

 アカイカはこの時期の他に、冬に三陸沖でも漁獲されますが、昨年の冬は三陸沖にアカイカの漁場が形成されず、不漁となりました。幸いにも今漁期は昨年と比べると豊漁とのことなので、アカイカをたくさん積んだ漁船がこれから続々と帰ってくることでしょう。一度アカイカの水揚げを見てみませんか?(水揚げの見学はコチラ。)

船の中で凍結されています。
船の中で凍結されています。
アカイカの胴体
アカイカの胴体

「はちのへ水産加工品展示会2012」開催(H24.6.28)

 27日、八戸プラザアーバンホールで「はちのへ水産加工品展示会2012」が開催され、イカやサバを使った八戸産の水産加工品の魅力がPRされました。

 このイベントには、県内外をはじめ海外からのバイヤーも来場し、これをきっかけに、今後八戸産の水産加工品が海外で販売されるようになるかもしれません。

 イカはお刺身で食べても美味しいですが、加工することによっても美味しくなります。塩辛やスルメ、一夜干し、イカロール、イカステーキ、イカメンチにイカわさび等々、数え上げたら切りがない程、様々なものに加工されています。イカは加工の万能選手なのです。

 

多数のバイヤーが来場しました。
多数のバイヤーが来場しました。
イカ加工品、他にもたくさんあります。
イカ加工品、他にもたくさんあります。

昼イカ、今漁期初水揚げ(H24.6.26)

 例年、八戸前沖でのスルメイカ漁は6月下旬から7月上旬に始まりますが、本日、今漁期の初水揚げがありました。

 本日水揚げされたのは、小型イカ釣漁船が日中に操業して漁獲した生のスルメイカ、通称「昼イカ」です。まだ、漁期が始まったばかりなのでサイズは小さく、水揚げ量も少ないですが、身は透き通り、鮮度はバツグンです!!8月頃にはサイズも大きくなり、昼イカ漁の本番を迎えます。スーパーなどの店頭に生のスルメイカが並ぶようになりますので、八戸産の生のスルメイカ、ぜひ食べてみてください!!

 7月下旬には、現在アカイカやスルメイカ漁に出ている中型イカ釣漁船も水揚げに帰ってきます。「イカの街はちのへ」、シーズン到来です。

 

新鮮なスルメイカ。身が透き通っています。
新鮮なスルメイカ。身が透き通っています。
これからドンドン大きくなります。
これからドンドン大きくなります。

ローソンストア100より八戸産スルメイカを使った「イカ下足唐揚げ」が発売(H24.5.29)

 生鮮食品や日用品などを100円(税込105円)で販売するローソンストア100より、八戸産スルメイカを使用した日本唐揚協会監修「イカ下足唐揚げ」が発売されます。

 残念ながら県内にローソンストア100の店舗はありませんが(一番近くて宮城県です)、国内1,172店舗で販売されるため、「イカの街はちのへ」を全国へPRするチャンスです!!

 県外へお出かけの際は、ぜひ「イカ下足唐揚げ」を食べてみてください!!

 

 発売日:2012年5月30日(水)

 値 段:100円(税込105円)

 

 詳細はローソンストア100のホームページをご覧ください。

 ローソンストア100のホームページはコチラ

 5月21日に行われた小林市長表敬訪問の様子や小林市長の推薦コメン

 トも掲載されています。

 

NZスルメイカ今期初水揚げ、中型イカ釣船はアカイカ漁に出港(H24.5.14)

 今期初のニュージーランドスルメイカの水揚げが八戸市第三魚市場で行われました。

 名前のとおり、ニュージーランド海域で漁獲されるイカで、大型イカ釣船が約半年の期間をかけて漁獲してきます。

 昨年は5月12日に初水揚げがありましたが、今朝の入札の結果、高値は2,280円で昨年より180円高、安値は1,450円で昨年より200円安となりました(いずれも1ケース/8㎏)。

 また、本日、中型イカ釣船がアカイカ漁に向け出港しました。出港した中型イカ釣船は北太平洋での漁を続け、7月頃第三魚市場に帰港し、水揚げします。

 例年、冬には三陸沖でもアカイカ漁が行われますが、昨冬はアカイカの漁場が形成されないという異例の事態が発生。単価の高いアカイカの不漁は漁業者にとって大打撃となりました。

 今漁期、アカイカが大漁になりますように。

ニュージーランドスルメイカ
ニュージーランドスルメイカ
出港前の中型イカ釣船
出港前の中型イカ釣船

マリエント初!ヤリイカ展(H24.3.23)

 八戸市水産科学館マリエントにおいて、生きたヤリイカの展示が開催中です。

 生きたヤリイカの展示はマリエントでも初の試みとのことですので、この機会に生きたヤリイカを是非ご覧ください。

 

○開催日時:4月14日(土)~5月中旬(予定)

○場   所:八戸市水産科学館マリエント 3階展示室

○入 館 料 :一般・大学生300円(150円)

        高校生200円(100円)

        小・中学生100円(50円) ( )内は団体20人以上

        ※高齢者(65歳以上)・障がい者は半額

        ※入館料は3階のみ

 

 

 

「レストラン 潮」復興感謝祭!!イカ刺し定食も。(H24.3.8)

八戸水産会館「レストラン 潮」
八戸水産会館「レストラン 潮」

 去年の12月17日に復旧し、営業を再開した「レストラン 潮」が復興感謝祭を開催します。開催日時は「イカの日」である3月10日および東日本大震災から1年を迎える3月11日です。「イカの日」ということもあり、開催期間中はイカ刺し定食を含むメニューが全品500円で提供されます。

 また、7階展望室からは八戸漁港の復興の様子が一望できます。今週末はぜひ八戸水産会館に足を運んでみてください。

 

○開催日時:3月10日(土)、11日(日) 10:00~17:00  

○場   所:八戸水産会館(八戸市白銀町三島下95)

○メニューは以下のとおりで、全品500円になります。(通常価格650円~750円)

 

 ・イカ刺し定食≪限定30食≫

 ・ミックスピザ≪限定30食≫

 ・勝カレーライス(サラダ付き)

 ・勝丼セット

 ・トン勝味噌ラーメン

 ・シーフードフライカレー(サラダ付き)

 終了しました。 

 

今冬の船凍アカイカ、水揚げゼロの可能性も・・・。(H24.2.7)

アカイカの水揚げ
アカイカの水揚げ

  三陸沖でのアカイカ漁が、今冬は行われないかもしれません。

  例年、中型イカ釣船は、12月頃まで日本海でスルメイカを漁獲し、その後三陸沖でのアカイカ漁に切り替えます。しかし、今冬は日本海でのスルメイカ漁が好調なうえ、三陸沖にアカイカの群れが確認できないことから、日本海で引き続きスルメイカ漁を行う模様です。

 3.11の震災で甚大な被害を受けたイカ釣漁業者にとって、スルメイカより単価の高いアカイカの不漁は更なる痛手となっています。また、アカイカはイカステーキやイカ天の加工原料として利用されていますが、アカイカ不漁による原料不足等、加工業者も厳しい状況に立たされています。

 

アメリカオオアカイカの不漁により、金額・数量ともに前年度を下回る(H24.2.6)

アメリカオオアカイカの水揚げ
アメリカオオアカイカの水揚げ

 平成23年の八戸漁港のイカの水揚量は55,562トン、金額は128.2億円となりました。

 アメリカオオアカイカの不漁により、水揚量は前年比90%(H22:61,912トン)、金額も前年比90%(H22:143.1億円)と、数量・金額共に前年度を下回りました。

 それでもイカの水揚量は八戸漁港総水揚量の46%を占める結果となり、最も水揚げの多い魚種となりました。やはり、八戸は「イカの街」です。

 

平成23年イカ水揚量、金額内訳(単位:千円/トン)
魚  種 数  量  金  額
近海スルメイカ 28,116

5,605,379

近海アカイカ

131

近海ヤリイカ

179

86,884 

近海その他イカ 5

2,282 

遠海スルメイカ 42

7,589 

船凍スルメイカ 14,969

4,056,501 

船凍アカイカ 4,333

1,766,263 

ニュージーランドスルメイカ 1,320

325,229 

アルゼンチンマツイカ 194

59,715 

アメリカオオアカイカ 6,404

905,233 

合計 55,562

 12,815,206