八戸の主力漁業『イカ釣漁業』

 イカ釣漁船は大型、中型、小型の3種類に分けられ、大型・中型イカ釣船は館鼻漁港や第三魚市場前、小型イカ釣船は八戸大橋の下から新井田川河口付近にかけて係留されています。

 イカ釣漁船の特徴は『集魚灯』ですが、近年では『LED集魚灯』を搭載した漁船も登場しています。

イカの水揚げ風景

  八戸には3つの魚市場と1つの卸売場があります。

  第一魚市場ではまき網船により漁獲された生鮮スルメイカ、小型イカ釣船により漁獲された生鮮スルメイカが水揚げされます。

  第二魚市場では小型イカ釣船により漁獲された生鮮スルメイカ、トロール船により漁獲された生鮮スルメイカやヤリイカが水揚げされます。

  第三魚市場では中型、大型イカ釣船により漁獲された船凍スルメイカ、船凍アカイカが水揚げされます。

  卸売場では海外でアメリカオオアカイカなどの海外大型イカが水揚げされます。

昭和のはちのへ

  ここでは、昭和の八戸漁港周辺の様子をご紹介します。